今や電話対応とは事務職だけでない!どこの職場でもある理由とは?

昔は電話応対と言えば、事務職に多い傾向にありました。事務職と言えば、会社の労務に当たり、経理、書類作成、社員、来客へのお茶出しなどに追われる中、電話応対もこなしていたわけです。

事務職はいわば雑用係みたいなもので、電話番とも一時期は言われたことも有り、人間の留守番電話係みたいな感じでもありました。

そして役所、デパート、病院、大企業などでは必ず代表電話が設けてあり、話の内容によって担当部署へ電話回線を取り次ぐ形もあります。代表電話は昔も現代も変わりません。

でも電話応対は、今や事務職だとか代表電話だけに限ったものではありません。何処の職場でもあるのです。例えば個人経営の塾や幼稚園、保育園、学校関係、個人事業者(自営業)と言われる職業は在籍しているメンバー殆どが電話を取る必要性があります。それだけではありません。

サービス業がどんどん充実性を図っているコンビニなども電話は今いるメンバーで取らなくてはなりません。

電話応対も時代の流れとともに、担当してるものだけが取ればいい、というものではなくなってきたのです。誰でもすぐに対応できるように、企業や店側も従業員に対して教育しているのではないでしょうか?

電話応対のメリットは「言葉遣いが丁寧になる」「礼儀正しくなる」「コミュニケーション能力が高まる」などです。話すことが仕事なのですから、やはり相手とのコミュニケーションが図れないとこの仕事は出来ません。

ですが個人事業者はなかなか電話応対の躾までは行き届かないところが多く、業者によってはぶっきらぼうな対応をされて、感じが悪かったという事例もよく聞かれます。個人事業者にしても、信用ある取引先が沢山あるわけですから、たかが電話と言ってないで、お互いにためにも気持ち良く取引するために、礼儀正しい電話マナーは必要かと思います。

現代は携帯、スマートフォンがどんどん出現し、固定電話で話をする機会は少なくなっていく一方です。ですが、携帯やスマートフォンに関しても電話は電話ですから、礼儀正しいマナーは絶対必要です。

まして固定電話と違い、完全に外での連絡のやり取りですから、話し声も当然周囲の人たちに聞かれてるわけです。いつどんなところでアナタの電話のマナーを聞かれてるか分かりません。まして営業で回っている皆さんは企業秘密的なことは外では下手に話せません。

他人に聞かれて困るようなことは、車の中で話すべきでしょう。でも営業職だけでなく、外出することの多い社員の皆さんも同じことが言えます。取引先やお客様への連絡は常に標準語で丁寧な礼儀をわきまえましょう。

小さな会社で従業員が少ないところは必ず全員が電話に出られるようにした方がいいでしょう。そうすればうろたえることもありませんし、取次や伝言もスムーズにいきますよ。

コンビニにしても、レジ担当は常に2人態勢ですが、店長がいつもいるわけではありませんから、例え自分がアルバイトであっても電話を取れるようにはなっておきましょう。お客様からの問い合わせが多いので、すぐに答えられるスキルを磨いておきましょう。

コールセンターでは電話についての研修は多めに日程を取りますが、他の職業ではなかなかそういったスケジュールを組むのは最早不可能に近いかもしれません。でも状況によっては電話を取ることも多々あることかと存じます。

携帯、スマートフォンで連絡を取り合うのが当たり前の時代、何処の職場でもそれも電話対応の1つです。それが事務職だけでない、何処の職場でも電話応対があるという理由になります。

1.働く方・就職活動中の方のカウンセリング  メンタルアシスタント
カウンセリングに対して今までより詳しくなれそうです。

2.会話術マスター.com
このサイトを見ればコミュニケーションが上手くなりそうです。

3.秘書検定2級の資格の取り方
今まで知らなかったことに詳しくなれそうです。

4.敬語の使い方とビジネスマナーがわかる
ビジネスマナーに対して役立つことがたくさん載っていそうです。

5.人間関係と恋愛を科学する雑学サイト-Little Riffle(リトルリフル)-
このサイトを見れば人間の心理に関して詳しくなれそうです。

6.スクールAKIJOHO パソコン・簿記・資格試験・速読|岡山県
資格に関することが詳しく載っていそうです。