お昼休憩!研修のこと一切忘れて同僚とおしゃべりしよう

社会人になって、多忙な研修に追われると一息つけるのがお昼休憩です。会社によっては社員食堂があったり、会社員の皆さんは同僚と外へ食べに出る…など実に様々です。

私は毎日お弁当持参でした。休憩室で皆と貴重なひと時を過ごしたことを覚えています。やっぱり話の話題と言えば、なかなか覚わらない研修への苦悩。でも辛いことばかり話してると本当に気分が沈んでいくので、他のことへ話題を回していました。

若い女性同士の話と言えば、やはりファッションのことですね。新しい服やバッグを買うにあたり、あそこの店がいいとか、デパートがいいとか、色々情報交換できます。それから化粧品。女性にとってお化粧は大切な身だしなみ。

この化粧品についてもメーカーについての話し合いがありました。皆それぞれお気に入りのメーカーに拘っていて、サンプルを持ってきては「これ試してみたら~?」なんて話してきました。

女性は男性と違い、そういう話で盛り上がるので、話のネタはつきません。食事が終わって午後勤務までまだ時間があれば、会社の近所の喫茶店へコーヒーを飲みに行く、といった習慣もありましたね。そこでまた色んな話題がありました。

今度は女性同士の飲み会の話です。ですが私はお酒が飲めないので、どうしようかと思ってたんですが、別にお酒飲めなくてもジュースでいい~みたいなことを言われたら、飲み会でも参加していました。

まだ研修中は皆一斉に休憩時間が取れましたが、本番の仕事に入ると交代制でなかなか全員で食事だとか、飲み会は出来なくなるので、今のうちに~と言った形で話し合って決めてました。

研修期間の昼休みはある意味私にとって、貴重な同期との交流の場でもありました。一緒に昼食を取りながら、いろんな話をすることで当時のストレス発散をしていたのです。一緒に入社した同期は友人でもあり、時にはライバルにもなりますから、とても付き合いは大事にしていました。

昼休みの話題はまだまだありました。当時のアイドル歌手などの話です。私の若いころはとにかく歌番組の多い時代で、皆歌番組は必ず見ていました。それで昨日はあんな歌手、こんな歌手が出ていたね~と話し合っていたのです。やはり皆それぞれ好きな歌手、嫌いな歌手がありましたから、意見が分散していました。(笑)だから嫌いな歌手は常に「アンチ組」と言われていたのです。

私達の時代のアイドル歌手は3ヵ月ごとに新曲を出す習慣になっており、新曲が出ると「もうあの歌手の新曲覚えた?」とか「いい曲だよね、好きだな~!」とか「あまりあの曲は好きでない。」など賛否両論の意見が飛び交い、面白い話題性を繰り広げてました。

でも昼休みは1時間ですから、こういう楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。もう休みが終われば、おしゃべりも当然終わりです。そこで気分を切り替えて、午後の研修へとのぞんでいきました。

私が社会人になって初めての仲間。それが同期の皆でした。私にとって懐かしい仲間です。今頃どうしてるんだろうか?と考えたりすることも多々あります。